未来を紡ぐプロジェクト~松江を考える会~ 【新庁舎建て替え問題「市民ワークショップ」のご案内】

住民投票条例の直接請求が否決されて、早いもので1ヶ月余りになりました。今回の市庁舎の問題をきっかけに、市民と行政や議会との考え方の違いが、はっきりとわかりました。そこで「将来の松江市のまちづくり」を、「市民」目線で改めて話し合い、勉強をしてみたいと思います。

下記の通り、幅広い層の市民の皆さんにお集まり頂き、専門家も交えながら「新庁舎建替えは『現在地ありき』で正しかったのか?」「松江市全体のまちづくりの観点として、新庁舎は本来はどこにあるべきか?」 そして、そもそも「未来の松江のまちづくりや市役所のあり方」などについて、話し合えればと思っております。 お気軽にご参加頂ければ幸いです。

未来を紡ぐプロジェクト~松江を考える会~
【第一回】11月23日(月、勤労感謝の日)14時~
◎テーマ(予定)
①現行案や様々な試案の比較、吟味
②その他
【第二回】11月29日(日)10時~
◎テーマ(予定)
①市役所の機能や規模について
②現在の市役所の場所や県立ブール跡地の特徴、可能性、比較など
③将来の松江のまちのあり方など
④その他
【場 所】スティックビル(白潟本町)5階 交流ホール(HP)
【参加費】無料
【備 考】①どちらか一方のみの参加も可能です。
②マスクのご着用をお願いします。
③当日は、新型コロナ対策は充分配慮しますが、ご体調のすぐれない方はご遠慮願います。
④「密」を避けるために、会場は幅広く準備しておりますが、ご参加希望の方は念のため事前のご連絡をお願いします
【お申込】錦織 08019291496 
または、seaklet-aris@docomo.ne.jpまで
(事前連絡の無い方は、お断りする場合もございます。)

私たち「松江を考える会」は、来春に向けて市民の間で語られねばならない問題が沢山あると考えております。新市庁舎の工法や建設費などについても、継続して検証、注視し、市民の皆さんへの情報発信を続けていきます。また、松江市や議会に対して公開質問、陳情などの様々な活動を今後も続けて参ります。宜しくご支援のほどお願いします。

2度目の「全面意見広告」を出しました

山陰中央新報 9月27日掲載

9月27日、山陰中央新報に2度目の全面意見広告をだしました。

掲載したアンケートは松江市議会議員アンケートページに掲載しております。

記者会見で発表した代替案「県立プール跡地案」は現在の松江市案と私たちが試算した案に掲載しております。

皆様のご意見を賜りたいと思います。ぜひご覧ください!

「施主は市民」の意識欠落

本日、「松江を考える会」代表世話人の錦織が山陰中央新報社の「市庁舎建て替え事業・私たちの思い」のコーナーでインタビューを受けた記事が掲載されました。

9/22は旧「新しい松江市役所検討市民会議」の足立委員長、9/23は「松江市民のための新庁舎建設を求める会」の片岡代表がインタビューに応じておられます。

文末には、山陰中央新報社は松江市にもインタビューを申し込んだが、取材に応じなかった。とありました。

山陰中央新報 9月24日

松江市長の嘘~新庁舎建て替え問題~

 本当の意味の市民説明会をしたのでしょうか?そして今後もするのでしょうか?

「当市の施策方針と反する団体との対話は不適切」という市長名の文書で、我々を始めとする市民団体との接触を断り、挙げ句の果ては、島根大学の学生団体との面会さえ拒絶する松江市┅。

説明会と言いながら、決めたことを垂れ流すだけの報告会。市民の代表の市議会に判断を委ねる┅と、市議会を隠れ蓑にしています。

この問題を我々が騒ぐまでに、市民に説明責任を果たした市議さんは何人おいでたでしょうか? ふつふつと沸く市議会への不信感を、議員の皆さんはご存知でしょうか?

市議会の対応いかんでは、何人かの若手や女性候補を公募することも考えています。

もちろん資金面も考慮済み。

新庁舎立て替え問題~若者の声に耳を傾けて欲しい~ 

松江市がダメなので、市議会にも申し入れ中とか。
 市議会の柔軟な対応を期待しています。

島根大学の学生団体「ポリレンジャー」からの公開討論会呼び掛けも、松江市は「適当ではない」との理由で断ったとか┅。 彼らから市長への申し入れ書の手渡しさえ、拒否したと聞きます。 たまたま半月ぐらい前の山陰中央新報に、「若者定住」のアンケート結果の大きな条件として、「発言しやすさ」が挙げられていました。 こうした頑な姿勢は、「若者定住」に力を入れるという松江市の姿勢と相反するような思いを持つのは、ボク一人でしょうか? 

http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1599021067716/index.html

「募る不信感 説明尽くせ」

恐らく、ほとんどの松江市民は「市役所の立て替え」に反対する人はいないと想像します。 けれど、同じようにほとんどの松江市民は「昨年11月の市長会見」までに、市議会議員さんにこの問題の意見を聞かれたり、説明を受けた人もいないと思います。

山陰中央新報 9月1日

ホントにあったか?「幻の会議」

現地立て替え計画、出だしは「市役所の限られた内部関係者だけで作られた案」です。 「これを議員さんの意見を聞いていきたい」とする市長の外部発表文書があり、その後に現地立て替えを市長さんは発表しております。すると、内々で決まった「現地立て替え計画」が独り歩きをし始めます。

 そしていつの間にか、それを元に現地立て替え計画に沿ったプロポーザルやワークショップが重ねられて来ました。

【本日の山陰中央新報より】
しかし残念ながら現時点では、市長と議員さんの会議があった形跡を示す公的な記録も議事録も見当たりません。 現地立て替え計画を承認する松江市議会議員さんは、公文書に記録のない会議に、一体、いつ?立ち会われたのでしょうか?

新庁舎立て替え問題~「名」こそ惜しめ~

 松江市政、始まって以来の出来事だとか┅。 殿はさぞかしご立腹のことと拝察します。

┅┅┅┅┅┅┅┅┅┅ 

松江市政始まって以来の「条例制定直接請求」の署名簿を提出しました。 これは、地方自治法にのっとった正当な市民の権利なのです。 おとなしい松江市民が、新型コロナ禍を始めとする様々なプレッシャーの中で、組織に頼らずボランティアとカンパで集めた署名です。

 ご署名くださった方々も、自分のプライバシーをさらして自署、押印という大変な勇気を奮ってくださいました。 この重み、そして自らの至らなさを松江市も市議会の皆さんも十分にお感じ願いたいものです。

 もしも、これがいい加減に扱われるような事態が起きれば┅我々は更なる覚悟もしております。 「市長さん、『名』こそ惜しんで頂きたい」と願っております。 

【本日の山陰中央新報より】

山陰中央新報 7月25日
山陰中央新報 7月25日