松江市長の嘘~新庁舎建て替え問題~

 本当の意味の市民説明会をしたのでしょうか?そして今後もするのでしょうか?

「当市の施策方針と反する団体との対話は不適切」という市長名の文書で、我々を始めとする市民団体との接触を断り、挙げ句の果ては、島根大学の学生団体との面会さえ拒絶する松江市┅。

説明会と言いながら、決めたことを垂れ流すだけの報告会。市民の代表の市議会に判断を委ねる┅と、市議会を隠れ蓑にしています。

この問題を我々が騒ぐまでに、市民に説明責任を果たした市議さんは何人おいでたでしょうか? ふつふつと沸く市議会への不信感を、議員の皆さんはご存知でしょうか?

市議会の対応いかんでは、何人かの若手や女性候補を公募することも考えています。

もちろん資金面も考慮済み。

“松江市長の嘘~新庁舎建て替え問題~” への1件の返信

  1. 松江市議会議員の皆様の多くは選挙期間中だけホームページやsns等で丁寧に活動報告され当選した後はだんまり
    公約を果たした方ははたして何名いるのでしょうか
    市議会議員34名の内9名の方が新庁舎建設特別委員会となっていますが、この9名の方たちは自分が委員会の役についたことすら認識してないのでしょうか?
    市長は当然ですが、市議会議員にこそ市民への説明義務はあると思います。
    出川桃子議員は立派に意見表明されました
    残りの市議会議員の方々の今後の動きに注目です
    まあまったく期待してませんけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。