ホントにあったか?「幻の会議」

現地立て替え計画、出だしは「市役所の限られた内部関係者だけで作られた案」です。 「これを議員さんの意見を聞いていきたい」とする市長の外部発表文書があり、その後に現地立て替えを市長さんは発表しております。すると、内々で決まった「現地立て替え計画」が独り歩きをし始めます。

 そしていつの間にか、それを元に現地立て替え計画に沿ったプロポーザルやワークショップが重ねられて来ました。

【本日の山陰中央新報より】
しかし残念ながら現時点では、市長と議員さんの会議があった形跡を示す公的な記録も議事録も見当たりません。 現地立て替え計画を承認する松江市議会議員さんは、公文書に記録のない会議に、一体、いつ?立ち会われたのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。