山陰中央新報「『現地ありき』疑念招く」の報道

山陰中央新報 6月16日

「市や市議会、『移転』論争恐れる?」と副題がついています。

「市内部では当時、移転を選択肢に含めると議論がまとまらなくなるとの懸念があり、鳥取市で本庁舎の新築移転を巡って市民の賛否が分かれ、大きな論争になったことも念頭にあった」

当会では、2つの代替案を提示しました。どちらも、原案より大きく費用を削減できる可能性があることがわかりました。松江市は現地以外での建設について比較検討した形跡がありません。それで、現計画がベストである、といえるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。