現在の松江市案と私たちが試算した案

代案① 県立プール跡地案

作成:松江を考える会
作成:松江を考える会
作成:松江を考える会
作成:松江を考える会
作成:松江を考える会
建設地建設プール跡地
総工費106億円
延べ床面積約20,000平方メートル
駐車場平面600台以上
制震構造/鉄骨3階建て

県立プール跡地と末次案の工事費用の差の比較

以下の表は、現在地・末次町では必ず必要であり、一方県立プール跡地(制震構造・3階建て)では全く不要なものをリストアップしたところである。

なお、算出根拠として、末次案の工事請負対象金額を127億円と想定した。(いわゆる本館、西棟補修費、車庫棟、文書庫棟の建設費、移転諸費用、解体費用等は除く)

この表により、末次町では、県立プール案に比べ約51億円も無駄なことを行うことが判明した。少なくても、物価変動を除いても約44億円節減できる。

【コメント】
現在地の建設は、これ以外に以下の問題点があるが、積算にすべてが反映できるとは限らない。

  1. 工事車両と一般外来との自動車動線の分離費用(ガードマン費用の増加、サイン計画)
  2. 執務中の庁舎と工事中の庁舎の間仕切り
  3. 工事車両が周辺市道、国道に待機する。
    (渋滞の発生)生コン車、残土運搬車、鉄骨搬入車等工事車両
  4. 仮設材料等の置き場(付近にないので、その部材ごとに仮設置き場から小運搬の必要がある)
  5. 現場事務所の確保(建築・機械・電気等)が困難
  6. 特に、今後数年にわたって、現在の庁舎(南側)部分は、わずか1m以内に仮囲いが設置され、その結果、執務室においては工事騒音、日照等に悩まされる。

松江市案との比較

(クリックするとPDFファイルが表示されます)
松江市案代案①代案②
場所末次町
現計画の修正案
(工事期間中、出先を利用)
県立プール跡
※土地についてはメッセ
(県所有)と交換済み
ホテル宍道湖跡
※令和2年度予算で
松江市が購入予定
現地図
土地の面積約18,500㎡
(5か所に分散)
うち本館部分の敷地11,000㎡
28,349㎡
A:459番地21,559㎡
B:507番地6,690㎡
約19,000㎡
(グランド含む)
完成イメージ
工事期間約6年間約3年間約3年間
メリット
及び
問題点
①工事期間が長い。
(約6年)
 
②市道「市庁舎北線」「末次2号線」の渋滞が懸念される。

③工事中、宍道湖側駐車場(約120台)が閉鎖となる。

④土地の制約があるため、地下駐車場を設ける。→コストアップ

⑤全体としてタコ足状態なのと、窮屈な配置である。

⑥工事期間中の職員の職場環境及び市民への不便解消のため、末次公園内に仮庁舎、あるいはステック・ビル等の未利用な施設を借り事務所として利用することを提案し、工期短縮を図る。
①交通のアクセスが良い。

②周辺のメッセ、総合体育館、国合同庁舎等との一体化が図られる。(地域の一大拠点となりうる)

③起債償還の残っている西棟(防災安全部等)の取り扱い→当分の間、橋北地区の住民・福祉関係の窓口として残す。(分室)

④「ホテル宍道湖跡」と同様、現在地(末次町等)の跡地利用が課題。

⑤今までの基本設計費用が無駄となる。直ちに実施設計作業もストップ。→ 誰が負担するのか?

⑥現計画のテラスは少なくとも不要→コスト削減

⑦土地が十分あるため、平面駐車場で足りる→コスト削減。

 (現計画の本館部分の建築面積 約6,500㎡であるので、周辺に十分な余裕がある。)→職員駐車場にも対応
①起債償還の残っている西棟(防災安全部等)の取り扱い→今後とも、橋北地区の住民・福祉関係窓口として残す。

②現在地(末次町等)の跡地利用が課題(県立プール跡地と同様)

③今までの基本設計費用が無駄となる。直ちに実施設計作業もストップ。→誰が負担するのか?

④景観が良いので、一部テラスがあってもよい。(尾道市の例)

⑤別途:ホテル宍道湖建物解体費用3億円が発生

⑥9号線から直接入れる動線が欲しい。

⑦駐車場は平面で及び地下駐車場で対応。
工事費建築対象面積 :23,958㎡
工事費:150億円
坪単価:180万円
免震構造:あり
・工事期間中の分庁舎整備費を含まず。
建築対象面積 :18,493㎡
工事費:106億円
坪単価:153万円
免震構造:なし
建築対象面積 :23,958㎡
工事費:131億円
坪単価:153万円
免震構造:なし
駐車場660台
平面:580台
地下:80台
900台以上
平面のみ
660台
平面:580台
地下:80台
総合評価及び工事費比較
(100%)

(71%)

(81%)
※ 現在、免震構造については、国土交通省の大臣認定が必要です。しかし、このことについて、2018年において、ダンパーの偽装事件が発生しました。そこで、現在、製造が新規供給が事実上、ストップしております。(当時の報道にあったように山陰両県の市役所建築現場でも問題となりました。)