住民監査請求、代表世話人が意見陳述しました

山陰中央新報 12月19日

12月18日、市役所別館の5階にある監査委員会事務局に請求人である本会代表世話人の古志と錦織、そして弁護士2名で出向き、意見陳述をしました。

  1. 丁度一年前に市長が物価高騰を以て、30億円の予算増額を説明しているが、基本設計段階では国交省のデフレター資料を基に積算すると、約半分程度の値上がりしか説明がつかない。また、積算方式などという説明を加えているが、これは実施設計をして初めて分かることなので、実施設計前にこうした説明をすること自体偽もうであり、議会との信頼関係を揺るがすこととなる。
  2. 予算増額の説明が付かない点について、各地の説明会では松江市や市議会議員が「地元経済を潤す為」と説明しているが、そうした説明が予算説明資料にはなく、仮に、そうであるとするならば、先日の建設会社や各種設備工事関係以外に、資材や関連の設備、什器なども地元調達を約束しないと、経済効果の整合性が無くなる。
  3. 予算は主要な本体工事費用だけで、資材置き場や駐車場などの借用料などが欠落している。
  4. 最小の費用で最大の効果を求める為に、対案との比較検討が為されず、メンテナンスなどの費用も積算されていない。市民向けの資料は、我々が文書で対案を出したにも関わらず、それを無視した対案と比較して広報をしている。

 監査結果は、来年2月5日までに代理人の弁護士まで届けられます。

住民監査請求の内容

12月11日、当会代表世話人が12月7日に提出した住民監査請求を市監査委員事務局が受理した、と発表がありました。

「(8)求める事項」のうち、(ア)(イ)の2項目のみの受理となりました。

18日に請求者の古志、錦織、弁護団の意見陳述や松江市当局からの反証を受けて、2月5日までに本件に関する結論(却下または勧告)が出されます。

請求の詳細は下記となります。(個人名は塗りつぶし加工しております)

市庁舎事業の停止を求め、住民監査を請求しました

山陰中央新報12月8日

12月7日、新庁舎建て替え問題について、考える会代表の古志・錦織と弁護団3名による「住民監査請求」を松江市監査委員会事務局に行いました。今回の監査請求は、地方自治法、地方財政法に違反するとの認識で書面一式を提出いたしました。市長の裁量権と個人責任を問う内容です。これから監査委員会が審議することになります。

却下もしくは結論が出ない場合は「住民訴訟」という手続きになります。改めて、市民の皆さまの今後のご支援ご指導をお願いいたします。

【未来を紡ぐプロジェクト~松江を考える会~】 新庁舎建て替え問題「市民ワークショップ」開催しました

11月24日山陰中央新報

昨日、「未来を紡ぐプロジェクト」と題して、ワークショップを開催させていただきました。市庁舎を現地建て替えした場合と県立プール跡地に建設した場合の未来像など、ニュートラルな形で意見をいただきました。市庁舎、県立プール跡地の活用法についてもたくさんのアイディアがありました。お忙しいなかご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。非常に有意義な時間が共有できたと感じています。

次回は11/29です。新規の方も是非ご参加お待ちしております。

未来を紡ぐプロジェクト~松江を考える会~ 【新庁舎建て替え問題「市民ワークショップ」のご案内】

住民投票条例の直接請求が否決されて、早いもので1ヶ月余りになりました。今回の市庁舎の問題をきっかけに、市民と行政や議会との考え方の違いが、はっきりとわかりました。そこで「将来の松江市のまちづくり」を、「市民」目線で改めて話し合い、勉強をしてみたいと思います。

下記の通り、幅広い層の市民の皆さんにお集まり頂き、専門家も交えながら「新庁舎建替えは『現在地ありき』で正しかったのか?」「松江市全体のまちづくりの観点として、新庁舎は本来はどこにあるべきか?」 そして、そもそも「未来の松江のまちづくりや市役所のあり方」などについて、話し合えればと思っております。 お気軽にご参加頂ければ幸いです。

未来を紡ぐプロジェクト~松江を考える会~
【第一回】11月23日(月、勤労感謝の日)14時~
◎テーマ(予定)
①現行案や様々な試案の比較、吟味
②その他
【第二回】11月29日(日)10時~
◎テーマ(予定)
①市役所の機能や規模について
②現在の市役所の場所や県立ブール跡地の特徴、可能性、比較など
③将来の松江のまちのあり方など
④その他
【場 所】スティックビル(白潟本町)5階 交流ホール(HP)
【参加費】無料
【備 考】①どちらか一方のみの参加も可能です。
②マスクのご着用をお願いします。
③当日は、新型コロナ対策は充分配慮しますが、ご体調のすぐれない方はご遠慮願います。
④「密」を避けるために、会場は幅広く準備しておりますが、ご参加希望の方は念のため事前のご連絡をお願いします
【お申込】錦織 08019291496 
または、seaklet-aris@docomo.ne.jpまで
(事前連絡の無い方は、お断りする場合もございます。)

私たち「松江を考える会」は、来春に向けて市民の間で語られねばならない問題が沢山あると考えております。新市庁舎の工法や建設費などについても、継続して検証、注視し、市民の皆さんへの情報発信を続けていきます。また、松江市や議会に対して公開質問、陳情などの様々な活動を今後も続けて参ります。宜しくご支援のほどお願いします。

2度目の「全面意見広告」を出しました

山陰中央新報 9月27日掲載

9月27日、山陰中央新報に2度目の全面意見広告をだしました。

掲載したアンケートは松江市議会議員アンケートページに掲載しております。

記者会見で発表した代替案「県立プール跡地案」は現在の松江市案と私たちが試算した案に掲載しております。

皆様のご意見を賜りたいと思います。ぜひご覧ください!

「施主は市民」の意識欠落

本日、「松江を考える会」代表世話人の錦織が山陰中央新報社の「市庁舎建て替え事業・私たちの思い」のコーナーでインタビューを受けた記事が掲載されました。

9/22は旧「新しい松江市役所検討市民会議」の足立委員長、9/23は「松江市民のための新庁舎建設を求める会」の片岡代表がインタビューに応じておられます。

文末には、山陰中央新報社は松江市にもインタビューを申し込んだが、取材に応じなかった。とありました。

山陰中央新報 9月24日

松江市長の嘘~新庁舎建て替え問題~

 本当の意味の市民説明会をしたのでしょうか?そして今後もするのでしょうか?

「当市の施策方針と反する団体との対話は不適切」という市長名の文書で、我々を始めとする市民団体との接触を断り、挙げ句の果ては、島根大学の学生団体との面会さえ拒絶する松江市┅。

説明会と言いながら、決めたことを垂れ流すだけの報告会。市民の代表の市議会に判断を委ねる┅と、市議会を隠れ蓑にしています。

この問題を我々が騒ぐまでに、市民に説明責任を果たした市議さんは何人おいでたでしょうか? ふつふつと沸く市議会への不信感を、議員の皆さんはご存知でしょうか?

市議会の対応いかんでは、何人かの若手や女性候補を公募することも考えています。

もちろん資金面も考慮済み。